美容外科整形やAGA薄毛治療についてまとめてみた

知っておきたい美容外科、AGA情報をお届けしています

びまん性脱毛症とはどういったものか

びまん性脱毛症とはどういった症状が出てくるのか

びまん性脱毛症とは頭髪全体が徐々に薄くなるのが特徴となっているものであり、視覚で確認することが難しい為、気が付いた際には悪化するといった問題が起きます。

男性型脱毛症の女性版とも言える症状であり、女性男性型脱毛症とも呼ばれるので注意しなくてはいけません。

髪の毛全体のボリュームが減少した・地肌が目立ってきた・髪そのものが細くなった・腰が無くなってきているといった問題が起きた際にはびまん性脱毛症の症状が進行したと言えるので、確認する際にはこれらの問題が起きていないのかどうかを見極めるのが良いです。

主に更年期前後から症状が出てしまうことが多く閉経後には更に目立つ可能性がありますので、この時期に入る際には毎日頭髪全体の状態を確認するのが理想的です。

何故びまん性脱毛症が起きてしまうのか

びまん性脱毛症による症状が起きてしまう原因は加齢・出産・ストレス・ダイエットといったものとなっています。

加齢すると女性ホルモンが少しずつ減少してしまい男性ホルモンが優位になるので脱毛症状が起きやすくなるのです。

また頭皮の潤いを保つ上で欠かせないコラーゲンと皮脂も減少する為、頭皮全体が乾燥してしまいそれが原因で脱毛症状が促進される可能性も出てきます。

出産する段階に入るとホルモンのバランスが変化してしまいヘアサイクルが一時的に乱れるので、異常な脱毛症状を引き起こす可能性があります。

経口避妊薬と呼ばれる薬品を服用することでもホルモンバランスが変化する可能性がありますので、この点にも注意しましょう。

ストレスが溜まってしまうとホルモンや自律神経のバランスが乱れてしまいますし、血管の収縮作用が影響して血行不良を引き起こし、それが原因で髪の成長に欠かせない栄養素が運べなくなる可能性があります。

ダイエットなどを始める際にも頭髪に必要な栄養が足りなくなる可能性がありますから、カロリーが低い分栄養素が豊富な食品を積極的に取り入れるのが大切です。

(参考サイト:びまん性脱毛症