読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容外科整形やAGA薄毛治療についてまとめてみた

知っておきたい美容外科、AGA情報をお届けしています

Vビームレーザーの効能

普段から注意してお肌の手入れ・ケアをしていても、顔や手に出る赤いアザなどを抑えるのは大変です。 目につくところのアザや、赤ら顔になっていると人に見られる事を恥ずかしく感じ外出が億劫になり引きこもり要因ともなりかねません。

できれば改善したいと願っている方が大半だと思います。 日本国内の製薬会社・化粧品メーカー等からも肌質改善のサプリメントや化粧水は数多く販売されていますが根本的な改善には専用機器による治療が望ましいでしょう。

そんな治療機器のひとつとして、美容クリニック・美容整形皮膚科などに導入されているのがVビームレーザーです。

Vビームレーザーとは?

Vビームレーザーは、肌に負担をかけずレーザーの光が肌の奥深くまで浸透するレーザービームです。 浸透力が高いにも関わらず、照射時に少し赤くなる程度で傷跡は全く残らない治療です。

通常、高温となるレーザーが照射される直前に-26℃の冷却ガスを肌に吹き付け、肌を守ってくれており、安全に治療が可能です。

Vビームレーザーの治療効果とは?

このように通常のレーザー治療よりも安全で肌に優しいVビームレーザー治療は多くの症状に効果があります。

毛細血管拡張症:一般的に赤ら顔と言われるもので、肌の表面にある血管が広がって発生する症状ですが、Vビームレーザー治療により抑える事が可能です。

単純性血管腫(ポートワイン母斑):単純性血管腫はポートワイン母斑とも呼ばれる赤あざの一種です。

肌の表面にある毛細血管が拡がり赤くあざのようになる症状で、年齢を重ねていくにしたがって、濃い色になったり、目立ってくる場合があります。

この症状もVビームレーザー治療により薄くしたり消す事が可能です。

苺状血管腫(いちごアザ):乳児血管腫とも呼ばれ血管が通常よりも増加しておきる症状です。

乳児の段階で早めに治療する事で改善が可能です。

これらの症状の治療以外にもシミやイボの治療にもVビームレーザーは効果を発揮します。

※一部の治療には保険が適用されないものがありますので、治療を行う際には、各クリニックで詳細を確認してください。

一般的なレーザー治療よりも肌に負担の掛からない人に優しいVビームレーザー治療は、デリケートなお肌の方でも安心して治療できる方法です。

赤あざなどで悩んでいる方は導入されているクリニックで相談されてみてはいかがでしょうか。

(参照元:Vビームレーザーの効果と口コミ